借金を減らす方法を詳しく解説

説明

「借金を返済したくても中々減らない」
「借金が減るどころかどんどん増え続けている」と悩んでいる方はいませんか?

借金が増えると日常生活にも支障が出ますので、早く何とかしたいと考えるのは当然ですよね。

そこで、このページでは借金を減らす方法を詳しく解説していますので、
ぜひ一度参考にしてみてください。

目次

借金を減らす方法

借金が増えれば増えるほど、「少しでも減らしたい」「早く何とかしたい」と考えます。

ここでは借金の悩みを抱えている方のために、借金を減らす方法をまとめてみました。

毎月の返済が苦しいからといって滞納していると、次のようにたくさんのデメリットがあります。

  • 借金を滞納した情報が信用情報機関に残って他のローンが組めなくなる
  • 決められた期日に支払えないと遅延損害金が発生する
  • 借金がどんどん増えて自力での返済が難しい状態になる

負のスパイラルに陥りやすくなりますので、借金を減額する方法について見ていきましょう。

収入を増やす

借金を減らすには当然のようにお金が必要です。

お金がなければ何も始まりませんので、まずは収入を増やすための努力をしましょう。

もちろん、今の仕事で一気に収入を増やすのは現実的ではないため、下記の方法をおすすめします。

  • 平日の夜や土日の時間を使ってアルバイトをする
  • ポイントサイトやアンケートサイトでお小遣いを稼ぐ
  • 在宅でライターやクラウドソーシングにチャレンジする

現在では副業OKの会社が増えていますので、Wワークは不可能ではありません。

もちろん、無理をして働いて身体を壊しては元も子もありませんので、
適度に副業をして収入を増やすべきですね。

余計な支出を減らす

Wワークで収入を増やしても、浪費していてはいつまで経っても借金を減らすことはできません。

借金を減額するには、「収入を増やす」「余計な支出を減らす」という2つが大事です。

誰しも日々の生活の中に無駄がありますので、次の方法で余計な支出を減らす努力をしましょう。

  • スマホアプリの家計簿を使って収入と支出を把握するクセをつける
  • 買い物の際は最初に予算を決めて衝動買いをしないようにする
  • 光熱費や水道費など節約できる部分を考える
  • パチンコや競馬などのギャンブルはやめる

「交際費」「娯楽費」「固定費」「食費」など、自分が何にお金をかけすぎているのか振り返ります。

遊びたい気持ちは十分にわかりますが、借金を完済するまでは
派手な遊びを控えて少しでも返済に充てるべきです。

繰り上げ返済を活用する

借金を減らしたいと思っていても、返済の総額が元本よりも少なくなることはありません。

つまり、支払う利息の合計を減らすことを考えるべきですので、
カードローンや消費者金融の繰り上げ返済を活用しましょう。

繰り上げ返済とは任意返済や臨時返済と呼ばれる方法で、ボーナスなどの臨時収入が入った時に
インターネットやATMで本来の返済日とは別で借金を返済する手続きを指します。

なぜ繰り上げ返済で借金を減らすことができるのか、いくつかのメリットをまとめてみました。

  • ローンが組まれてから早く繰り上げ返済をすれば負担額を大幅に減らせる
  • 金利が高ければ高いほどトータルで支払う返済額が減る
  • 自分のライフプランに沿った資金計画を選べる

借金の一括返済は難しくても、ボーナスのタイミングなどを利用して
繰り上げ返済を行うことはできますので、早く元金を減らす努力をしてみてください。

債務整理をする

借金を大きく減額したいのであれば、債務整理を選択肢の中に加えてみましょう。

債務整理とは弁護士や裁判所の力を借りて、借金を整理する安全な手続きの方法を指します。

債務整理をすることでどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と個人の状況や考え方で複数の方法から選択できる
  • 利息をカットして月々の返済額を見直したり、借金の総額を減らしたりできる
  • 弁護士や司法書士などの専門家に依頼する形になるため、ほぼ確実に借金を減らせる

「自分で努力してみたけど、借金を返済できない」「今の借金を減らせる見込みがない」
と悩んでいる方は、専門家の力を借りて債務整理を行うべきです。

ただし、債務整理は借金返済の遅延と同じように、事故情報やトラブルとして残ります。

今後のライフプランに影響を与えるケースもありますので、
債務整理をすべきなのか悩んでいる方は、一度法律事務所の弁護士に相談してみてください。

最後のまとめ

一度消費者金融やクレジットカード会社から借金をしても、少しずつ減らして完済することはできます。

「収入を増やす」「支出を減らす」「繰り上げ返済をする」など、借金を減らす方法は1つではありません。

しかし、借金を減らすために頑張っても、自分ではどうしようもない状態に陥るケースは十分にあり得ます。

借金を滞納すると、「遅延金を支払う」⇒「借金の総額が増える」と負のスパイラルに陥りやすいので、
法的な手続きの債務整理を検討するために弁護士に今の状況を相談してみましょう。

イージス法律事務所

イージス法律事務所

  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にもバレない
  • 手続き費用は分割で後払い可能、今お金がなくても問題なし